のり面保護工事は、建設工事の中でも特別な専門知識を要することから、技術の習得には相応の研修体系が必要となります。そこで、本協会はのり面保護工事に従事する技術者を対象に、調査・設計・施工を円滑かつ安全に行うために、のり面施工管理技術者講習会及び資格試験を実施し、技術者ののり面保護工事に必要な知識と技術の向上を図るとともに、発注者から「施工の信頼性」を得られるよう徹底した技術指導を行っています。
 のり面ノズルマン技能認定試験
 のり面・斜面にモルタル・コンクリートを吹付ける工事の品質確保がますます重要視されており、また、施工 管理とともに安全面を含めた吹付技能の向上や承継も必要となっており、ノズルマンの技能の証明に対する高い要望もあります。このため、ノズルマンに必要な基礎知識や施工・安全に関する事項を中心に講習を行い、技能認定試験を実施して基礎的技能を確認した方に資格を付与し一層の信頼性の向上を目指しています。受講者には講習修了証、試験合格者には資格認定証を協会から発行します。  




本協会は、のり面ノズルマン技能講習会および技能認定試験を実施しています。

●受講資格
特にありません。


●受験資格
のり面ノズルマンとして、3年以上の実務経験を有する技能者を対象としています。本協会の会員であるかどうか、受講の有無は問いません。


●資格認定委員会
試験を適正に実施するため、学識経験者等で構成する試験委員会を設置しています。


●資格の更新
のり面ノズルマン技能認定証の有効期間は5年です。有効期間内に一定期間以上の実務経験を申請することにより更新できます。


講習会・資格試験の概略スケジュールなど

 11月〜3月

講習会のお知らせ
(ポスター配布及び講習会・受験申込用紙配布)

 12月〜3月

講習会・受験受付

 4月中旬

講習会・試験の実施(同日、全国5会場を予定)

 7月中旬

合格者発表
(協会ホームページ掲示及び本人に通知)

 10月下旬

合格通知後3ヶ月以内登録申請。
資格認定証・資格者証交付受験申込受付